さくら行政書士法人は、おひとりさまの「今」から「最期」までをサポートいたします。

相談無料
0742-32-3390月~金 9:00~17:00

事例紹介

公正証書遺言

※個人情報保護の観点から一部内容を変更しております。ご了承ください。

妻のために遺言書を作りたいが、自分の今後も心配…

相談者
奈良県在住のAさん(78歳・男性)
相続人の人数
妻と兄弟2人(子供なし)
財産の内容
現預金・不動産・有価証券など
相談内容
  • 子供がいないので、妻に財産を残したいが、妻が認知症だ。
  • 兄弟とは仲が良いが、自分の死後に妻の世話をお願いすることにためらいがある。 
  • 兄弟にも多少、財産を残したいが、妻の生活費を一番に考えたい。
  • 自分自身が認知症などになった場合の対応も相談したい。 
提案内容

公正証書遺言の作成支援をしました

任意後見契約書・死後事務委任契約書(Aさん対策)の作成支援をしました。

成年後見の相談に対応しました。

 

  • Aさんの妻や兄妹にどのように遺産を残されたいか、その本音に向かい合いました。
  • 遺留分の説明を行いました。
  • Aさんの死亡後に遺産をスムーズに分配するため、遺言執行者を定めてはどうかとご提案した。
  • Aさんの妻のために成年後見の説明をし、提携している司法書士さんと連携できる旨を説明しました。

前のページへもどる

事例紹介TOPへもどる

ご相談は無料 ・ 無料出張相談実施中です。TEL:0742-32-3390(月~金 9:00~17:00)


ページの
上部へ