さくら行政書士法人は、おひとりさまの「今」から「最期」までをサポートいたします。

相談無料
0742-32-3390月~金 9:00~17:00

事例紹介

公正証書遺言

※個人情報保護の観点から一部内容を変更しております。ご了承ください。

子供に迷惑をかけたくないので遺言書を書きたい

相談者
相談者:M・L様 80代男性 奈良市在住
相続人
子供2人 妻は先に他界
相談内容

【相談内容】

  ・子供に迷惑をかけたくないので、遺言書を書きたいが、どうしていいか分からない。

  ・2人の子供は仲が良いとは思うが、自分の死後にどうなるか不安だ。

  ・2人の子供は他府県に住んでいるため、自分の死後の相続手続をしてもらいたい。

  

 

提案内容

【提案内容】

  ・自筆よりも公正証書遺言をご提案しました。

    自筆では無効になってしまうことも考えられるから。

  ・公正証書遺言のメリットとデメリットをお伝えしました。

  ・2人のお子様が万が一、先に他界されたときの対応策を  

   一緒に考えました。

  ・遺言書では対応がむずかしい家の片付けや葬儀の手配など

   についても任意後見や死後事務の説明をさせていただきました。

  ・最終的に、公正証書遺言を作成されました。

前のページへもどる

事例紹介TOPへもどる

ご相談は無料 ・ 無料出張相談実施中です。TEL:0742-32-3390(月~金 9:00~17:00)


ページの
上部へ