さくら行政書士法人は、おひとりさまの「今」から「最期」までをサポートいたします。

相談無料
0742-32-3390月~金 9:00~17:00

事例紹介

委任契約・任意後見契約

※個人情報保護の観点から一部内容を変更しております。ご了承ください。

おばの最期の面倒を見てあげてほしい

相談者
相談者Fさん(京都府在住50歳代・女性) おばGさん
相談内容
  • 高齢のおばの死後の事務処理をお願したい
  • 子供がおらず、相続人が私(F)だけなので、おばに万が一のことが起こったときに、どうすればいいのか分からない。
  • おばは性格が心配症なので、死後の事務処理の内容を一緒に決めてあげてほしい。
提案内容

任意後見契約、死後事務委任契約、公正証書遺言の作成のご提案をさせていただきました。

  • 現在施設に入所しているおばGさんとお会いし、具体的に将来どのような対策をしたいのかをヒアリングしました。
  • 子供がいないことから、Fさんに財産を残したいとのご意向でした。
  • 葬儀や相続手続きは弊社に依頼したいとのご意向でした。
  • Fさんが困らないように、死後事務などをサポートしてくださいとのご意向でした。

 

前のページへもどる

事例紹介TOPへもどる

ご相談は無料 ・ 無料出張相談実施中です。TEL:0742-32-3390(月~金 9:00~17:00)


ページの
上部へ